自分流音楽の起源_001

およげたいやきくんMusic

【泳げ!たいやきくん】もしくは【ビューティフル・サンデー】

現在の私が形成されるにあたり、言うまでもなく音楽はその重要な要素のひとつである。最近、歳のせいか幼少期からの様々な音楽体験を思い出し、形として残したいと思うようになった。

このブログを使ってそれらを忘れることなく、かつ誰かに伝えられれば幸いである。

私が音楽に興味を持ち出したのは、いったいいつで何がきっかけだっただろう?今でもしっかりと記憶に残るアーティストや楽曲を当時の状況とともに紹介したい。

 

1960年代生まれの私が最初に聞いた(購入した。)レコード、それは恐らく【泳げ!たいやきくん/子門真人】か【ビューティフル・サンデー/ダニエル・ブーン】だったと思われる。前者は【ひらけ!ポンキッキ】後者は【おはよう700】というTV番組の挿入歌であった。1975年、1976年のヒットである。【おはよう700】では番組キャスターに田中星児おにいさんがいて、後にこの曲をカバーした。

 

これらより前か同時期だったか?ソウル・ディスコにも触れている。友人の父親のMAZDAコスモの中でアーティストは分からないが、【ハッスル】や【カンフーファイティング】を聞いた記憶がある。オムニバス形式のアルバムであった。やけにノリノリで覚えやすく気分が高揚したのを覚えている。今思えばこれがダンスミュージックへの入り口だった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました